一般社団法人とくしま健康サポート様の導入事例

マネーフォワードクラウド会計/マネーフォワードクラウド債務支払/マネーフォワードクラウド給与/マネーフォワードクラウド年末調整/タイムスタンプオプション(電子帳簿保存対応)

導入前相談/ソフト選定/初期設定/操作説明

クラウド



地域に根づいて30年。当法人は県下に4薬局を展開しています。患者様をはじめご家族の皆様に寄り添い、安全・安心な薬物治療のサポートをいたします。

一般社団法人とくしま健康サポート

所在地:徳島市下助任町4丁目57-2
事業内容:保険薬局事業
従業員数:37人
URLhttps://www.support-dp.jp/



事業者紹介

とくしま健康サポートは、非営利・理事会設置型の一般社団法人として事業活動を行っています。
「非営利共同」とは、患者・利用者様、地域住民といっしょに活動することで、地域の方々の健康や福祉の向上を進めていく取り組みです。
私たちの薬局は、お薬を渡すだけでなく患者様とのコミュニケーションを大切にし、からだとこころを考えた薬局でありたいと思っています。そして患者様と共に、また地域の方々と共に歩む薬局をめざしています。

ポイント

 導入の背景 これまでの会計システムでは、電子帳簿保存法への対応が十分にできないことが明白だったため、新たなシステムへの移行を検討していた。
導入の決め手 電子帳簿保存法への対応に加え、従来の紙起票から、AI-OCRによる支払請求書の自動読取・振替伝票の自動起票機能を使う事で、業務の大幅な効率化が叶うことがわかったことが決め手。
導入後の効果 インターネットバンキングの銀行明細から、振替伝票が自動起票され、業務がスムーズに回るようになった。仕訳ルールを覚え込ませることもできる学習機能で、簿記の知識がなくても決算を一人でこなせる。

製品およびサポート導入の背景・目的
(導入前の状況と課題)

検討の背景

既存の会計システムでは、2024年に施行される電子帳簿保存法に対応するための機能が不足していました。さらに、経理担当者の負担が大幅に増加する可能性がありました。

これらに対応するためには、新しいシステムを導入する必要があり、そのタイミングで地方銀行の担当者からナイスシステムさんを紹介いただき、担当の方へどの会計システムなら電子帳簿保存法に対応しているかお聞きしました。すると、会計システムのほとんどは電子帳簿保存法に対応しているが、このタイミングで会計システムを切り替えるなら、より業務効率が上がる会計システムを選定するのが良い、という提案を受けました。  

導入の決め手

提案のうち、マネーフォワードとA社の2社に絞りました。A社は機能面で魅力的でしたが、予算面で厳しい状況でした。従来より、支払請求書が届いたタイミングで、振替伝票を起票し振替伝票と支払伺い書を法人内の稟議で紙で回覧する方式を取っていました。

マネーフォワードクラウドはコストパフォーマンスが優れており、決裁者がさほど多くない当法人では、マネーフォワードクラウド会計が良いのではと提案を受け、業務効率化に繋がる機能が充実していると感じました。

早速デモを拝見させていただくと、従来の紙起票から、AI-OCRによる支払請求書の自動読取、かつクラウド保管されながら振替伝票を自動起票してくれるマネーフォワードクラウド会計に正直驚きを隠せませんでしたが、少人数でバックオフィス業務を正確に処理していくには、この方法に変えることが良いと判断させて頂き、今回の選定に至りました。

マネーフォワードクラウド会計
インターネットバンキング・クレジットカードなどの様々なサービスと連携することで、日々の取引明細データが自動取得されます。
マネーフォワードクラウド債務支払
事前稟議〜仕訳作成まで一貫した運用フローが構築可能です。
マネーフォワードクラウド給与
Web給与明細で、従業員はインターネット接続環境下であれば、いつでも給与明細を確認できます。
マネーフォワードクラウド年末調整
アンケートビューを使ってオンライン上で年末調整書類の情報を回収できます。

導入サポートと製品導入後の効果

導入サポート

導入にあたっては、既存の会計システムからデータ移行もスムーズに行われました。ナイスシステムさんからデータ移行のフォーマット作成方法を教えてもらい、データ抽出は社内で行いました。おかげさまで、勘定科目や補助科目、支払先の銀行情報などのマスタ登録も一度に登録することができました。

製品導入後の効果

インターネットバンキングの銀行明細から、振替伝票が自動起票されるようになり、毎月の入金時に通帳記帳などのために銀行窓口に出向く必要がなくなりました。

以前は通帳記帳と伝票作成をすべて手作業で行っていましたが、マネーフォワードクラウド会計ではフォーマットさえ作成すれば、仕訳伝票を自動作成してくれるようになりました。さらに、学習機能があるので、仕訳ルールを学習させることもできます。

最初は戸惑いましたが、コツが掴めると自分の思い描く内容で仕訳伝票を作成できるようになり、作業が楽しくなりました。今では、簿記の知識がなくても月次決算を一人でこなせるようになっています。

更なる業務効率化に向けた課題

請求書保存について、以前は系統別に複数に分けて紙で保存していましたが、現在は電子化したものをフォルダに保存しています。しかし、一部の処理ではまだ紙から手入力で伝票を作成しており、すべてを電子化できていないのが課題です。

依頼した感想

導入前には、マネーフォワードクラウドの機能や導入手順について、様々な疑問を抱えていました。しかし、ナイスシステムさんはメールでの対応や必要に応じて現地まで説明に来てくれたので、安心して導入を進めることができました。

IT導入補助金が利用できると聞いていましたので、補助金申請による導入を相談しました。申請書類の作成や提出など、様々な手続きが必要でしたが、ナイスシステムさんが段取りと準備をサポートしてくれたので、1回の申請で採択されることができました。

今後の展望

現在システムを導入してから約3か月が経過していますが、電子帳簿保存法への対応と月次決算が問題なく処理ができています。今後は年末調整申告書のWeb回収と給与明細書のWeb配信に取り組む予定です。

年末調整申告書のWeb回収

これまで年末調整申告書は従業員から紙で回収していましたが、マネーフォワードクラウド導入をきっかけに、今年からWebでの回収を行う予定です。これにより、年末調整処理における従業員の店舗への移動時間を大幅に削減できる見込みです。

給与明細書のWeb配信
給与明細書も現在紙で配布していますが、Webでの配信に切り替えることで、従業員がスマホで確認できる環境を実現したいと考えています。

今後も、マネーフォワードクラウドとナイスシステムさんのサポートを活用して、さらなる業務効率化と質向上を目指してまいります。

≪ご担当者:山本 談≫

システム概況図

導入事例一覧

務ソフト導入で
お悩みなら、
お気軽にお問い合わせください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
業務ソフトに関するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。