ブログ

【意外と知らない】休暇と休日の違いとは?法定休暇・特別休暇の種類をご紹介

休暇と休日、一見同じように見える2つの言葉ですが、実は全く異なる意味を持っています。混同しがちな休暇と休日の違いを理解することで、より充実した休暇生活を送ることができます。 また労務担当者にとって従業員に適度な休みを取得してもらう事は、単に労働基準法のルールに準じるというだけでなく、心身ともにリフレッシュさせてミスなく効率的な仕事をしてもらうという意味でもとても重要なことになります。 本記事では、「休暇」について、どのような種類があるのか知りたい方に向けて、法定休暇と特別休暇(法定外休暇)について分かりやすく解説しています。

記事を見る

社会保険適用拡大 2024年10月~従業員数51人以上の企業が新たに対象に

2024年10月より、社会保険適用拡大が施行されます。社会保険の適用拡大とは短時間労働者(主にパート・アルバイト)の方が一定の要件を満たすことで社会保険への加入を義務付ける制度となっています。 これにより、これまで社会保険に加入していなかった従業員数51人以上の企業も、新たに加入することが義務化されます。対象となる企業は、従業員の健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険に加入する必要があります。 今回の記事では適用拡大によるメリットデメリット、今後の対応についてご紹介します。

記事を見る

給与デジタル払いのメリットやデメリットとは?導入手順とポイントも解説

2023年4月に解禁された給与デジタル払い。「キャッシュレス決済」の普及とともに、従来の銀行振込に代わって、給与を電子マネーで受け取れる画期的な制度です。しかし、メリットだけでなく、注意点も存在します。 この記事では、現在、国が導入に向けて動いている「給与のデジタル払い」について、導入前に知っておくべきポイントを網羅的に解説します。企業担当者の方はもちろん、従業員の方も参考になるよう解説致します。

記事を見る

人事労務の負担を軽減!入社・退職手続きをスムーズにするコツ

1年を通じて、入退社が多い時期となりました。人事労務業務における入社・退職手続きは、スムーズな人事異動を実現するために欠かせない重要な業務です。しかし、複雑で煩雑な作業であり、多くの書類を作成したり、関係各部署との調整が必要だったりするため、人事労務担当者にとって大きな負担となっています。 そこで今回は、人事労務の負担を軽減し、入社・退職手続きをスムーズにするコツをご紹介します。これらのコツを参考に、効率的かつ効果的な手続きを実現することで、担当者の負担を軽減し、業務の質を高めることにつながります。

記事を見る

勤怠システムのワークフロー機能で実現するメリット5選をご紹介

勤怠管理システムのワークフロー機能は、従来の紙ベースでの申請・承認を電子化することで、労務管理の効率化と精度向上に大きく貢献します。 しかし、多くの企業では、ワークフロー機能の導入に二の足を踏んでいるのではないでしょうか。 本記事では、勤怠システムのワークフロー機能に焦点を当て、導入のメリットを5つに分けて詳しく解説します。ワークフロー機能導入を検討している企業担当者の方、勤怠管理の課題にお悩みの方にとって、参考となる情報をお届けします。

記事を見る


適格返還請求書とは?返品や値引き等が発生したときの記載事項を確認

インボイス制度が開始されてから半年以上が経過しました。 日々の取引におけるインボイスの交付について、問題なく実施されている企業様が多いかと思います。取引において、通常の売上処理とは別に返品や値引き等行う際、適格請求書とは別に『適格返還請求書』の交付も義務付けられています。 今回は、改めて『適格返還請求書』の書き方や保存期間、交付が免除になるケースについてご紹介いたします。

記事を見る

結局、改正電子帳簿保存法って何をすればいいの?最低限やらないといけない事は?

2022年1月から施行されている改正電子帳簿保存法 「電子取引における電子データ保存の義務化」の2年間の猶予期間が2023年12月31日で終了となり、 2024年1月から電子取引の電子データ保存の義務化が開始しました。 これは、法人、個人事業主、一定以上の副業収入がある人など、国税関係帳簿や書類の保存が義務付けられている人すべてが対象になります。今回の記事では、改正電子帳簿保存法への対応で最低限やらないといけない事を解説します。

記事を見る

支払業務の効率化と請求書のデジタル化 ~請求書受領から支払までまるごとデジタル化~

毎月の支払業務、簡潔にミスなく完結したくないでしょうか?業務の関連上、加えて請求書の電子保管もできれば最高ですよね! 経理担当者の皆さんが支払い管理を効率的に行うために、請求受領から支払いまでのプロセスをデジタル化するメリットとデメリットをご紹介します。 請求受領から支払いまでスムーズに行うことで、業務効率が向上し、時間やコストの削減につながるでしょう。

記事を見る


務ソフト導入で
お悩みなら、
お気軽にお問い合わせください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
業務ソフトに関するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧