ブログ

catch-img

マイナンバーの収集や管理をシステムで行う場合の効率化・セキュリティのポイントは?

給与の源泉徴収票や各支払調書等のため、マイナンバーの収集・管理は必須ですが、台帳やExcelで管理するのは大変な手間ですし、情報漏洩対策等、気を付けるべきことは数多くありますね。 ここでは、マイナンバーの管理をシステムで行う際に効率化できる点、セキュリティ面でのメリットをご紹介します。

記事を見る

catch-img

奉行™製品をクラウド化するメリット

1.社内サーバーが不要になります。 2.常に最新のプログラムが使用できます。 3.インターネットのある環境であればどこでも使用できます。 4.安全な環境でデータを利用できます。 5.税理士や労務士など専門家の方にも簡単にデータの共有ができます。

記事を見る

catch-img

【電子申告】給与支払報告書(地方税編)

1月も中旬に差し掛かり、昨年の年末調整手続きを終えた給与事務担当者は、年明け早々、税務署への源泉徴収票・支払調書作成ならびに法定調書合計表の提出準備、また同時に各市町村への給与支払報告書の提出準備などの真っ只中かと思われます。 今回は給与支払報告書を電子申告するにあたり、どの様な手続き取ると良いのかを考察します。手続きには色々な選択肢があるため、そのメリット・デメリットを記載します。

記事を見る


catch-img

【R3年1月1日育児・介護休業法改正】子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得が可能に~概要編~

令和3年1月1日より、育児・介護休業法が改正されました。 今回は、この看護休暇・介護休暇の改正の概要及び実務ポイントについてお話します。 このブログの内容を3分で分かる動画で作成いたしました。よろしければご覧になってください。(音声が流れます。音量にご注意ください)

記事を見る

catch-img

減価償却の計算や情報管理が毎年大変・・・固定資産管理システムで業務をラクに!

申告書の作成・提出ももちろんですが、毎年固定資産毎に償却金額の計算や仕訳の作成を行うのも大変ですよね。Excelで独自に計算式を設定し管理していても、税制改正によりルールが変化し、作り直す必要があったり・・・。 そこで、固定資産管理システムを導入した場合に、どういった恩恵があるのかを簡単にご紹介いたします。

記事を見る



catch-img

2021年1月末提出の法定調書等(源泉徴収票/給与支払報告書)電子提出義務化について考える

今回の2021年1月提出分から、電子提出の対象企業が拡大になっています。明らかに対象企業になっている給与担当者はよくご存知と思われますが、法定調書の提出枚数が、以前の1000枚から一気に引き下げられて、提出枚数が100枚を超える企業も、e-Tax、eL-TAXを利用するか、光ディスク等を利用して電子提出する必要があります。

記事を見る

catch-img

「Office 365」と「Office 2019」の違い

Windows 7は2020年1月14日にサポートが終了 「Office 2010」も2020年10月にサポート終了 「Office 365」は  サブスクリプション Windows 7は2020年1月14日にサポートが終了します。 既にパソコンの買い替えをされた方、もしくはまだ検討中という方もいらっしゃるでしょうか。 「Office 2010」も2020年10月にサポート終了が決まっています。 サポート終了に先立ち、日本マイクロソフトは2020年1月22日に「Office 2019」を発売する予定です。 そこで、今回は「Office 365」と「Office 2019」の違いについてお伝えしようと思います。 永続ライセンスで提供される「Office 2019」に対して、「Office 365」は  サブスクリプションという形態で提供されています。 「Office 365」では あらゆるデバイスからデータにアクセス可能 初期投資が不要 複数のユーザーが同時に編集可能 サーバー側のメンテナンスが不要

記事を見る

務ソフト導入で お悩みなら、 お気軽にお問い合わせください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
業務ソフトに関するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。