ブログ

catch-img

青色申告 の メリット・デメリット

メリット1 65万円の特別控除、青色10万円控除 メリット2 赤字の場合、3年間繰り越すことが可能 メリット3 家族への給与が全額必要経費に メリット4 30万円未満の減価償却資産は一括経費に メリット5 自宅をオフィスにすると、家賃や電気代の一部も経費に

記事を見る

catch-img

近頃、よく聞くHACCPって?

HACCPを義務化する『改正食品衛生法案』が衆議院にて可決 食品関連事業者様に今後深く関わってくる考え方 食品等事業者様が異物混入や食中毒菌汚染などの危害要因を衛生管理計画より調査・把握して全ての工程(原材料入荷から製造~製品出荷まで)を衛生管理し製品・食品の安全性を向上させる為の考え方 今後、食品事業者様には製造管理をきちんとおこなうことで製造工程等も把握出来るシステムの導入が求められてきております ロット管理、製造管理、トレーサビリティ機能を有したソフト

記事を見る

catch-img

2020年4月 社会保険・労働保険の電子申請の義務化が開始

2020年4月1日より資本金又は出資金が1億円以上の企業を対象に社会保険と労働保険に関する一部の手続きを電子申請で行うことが義務付 全企業対象に拡大することが予想 電子申請3つの方法 1.  e-Govのサイトから直接入力 2.  連記式・CSV添付方式 3.   API連携ソフトウェアを利用 外部連携API対応のソフトウェアを導入することにより、申請用データの作成から申請までをすべてソフト上で行うことが可能になり、e-GovのWebサイト上での操作が不要 API連携を活用した電子申請を行うことで大幅に作業時間を削減でき人件費の削減に繋げる

記事を見る

catch-img

データを取り扱うリスクとネットワーク

情報漏洩 セキュリティで保護していても、情報漏洩する可能性 USBメモリなどの媒体に保存することで容易にデータの持ち出しができる PCを社外に持ち出している場合は注意が必要 社内の情報セキュリティ教育も必要 最新のセキュリティに対応した内容を定期的に共有できると効果も高く PCを処分する際にも最新の注意を払い、適切な処理をしたうえで処分 リスク 情報資産に対するリスクを洗い出すと、対策しないといけない優先順位と行動 自然災害や強盗 サイバーテロや単純な操作ミスや入力ミス PCなどの端末やログインIDとパスワードが管理されていない PCなどの端末やログインIDとパスワードが管理されていない 障害に対する復旧方法を把握されている方はいらっしゃいますでしょうか 管理者が不在 ネットワークに関する資料や緊急時の対応マニュアルが無い ネットワークに使用する各端末やケーブル類も全て消耗品 社内にサーバーを持たないこともリスクを減らす

記事を見る


catch-img

ソフトウェア選定で失敗しないための3つの方法

自社の業務にマッチ 「できること」「できないこと」 認識のすれ違い ソフトウェアのデモを行ってもらう 商談時のデモ テレビ会議・web会議といった遠隔でもお互いの顔を見ながら話の出来る方法 ソフトウェアを使用する業務に必要な資料をできるだけ提示する 運用のイメージを伝える ソフトウェアを使う上で重要になってくるのはインプット・アウトプットの部分 マニュアル・手順書を提示する 誰が作業を行うか等、5W1Hがわかる形

記事を見る

catch-img

高年齢労働者の雇用保険料の免除制度が廃止

令和元年度までで高年齢労働者の雇用保険料の免除制度が廃止されます。 令和2年4月1日以降に雇用保険に加入している労働者は64歳以上でも雇用保険料を払う必要 エクセルや手書きで給与明細を作成している場合は注意が必要 制度が変わるとソフトもメーカー対応で新しい法改正のバージョンのソフトに変わります

記事を見る

catch-img

【年末調整】年金受給者の年末調整処理について

まずは、本人の合計所得金額には公的年金受給額を含める 「公的年金」の収入は「雑所得」に該当 年末調整できるのは、あくまで給与等の支給額のみ年金を受給しながら働く従業員は確定申告をする必要 確定申告不要制度 1.公的年金等の収入額の合計が400万円以下である 2.公的年金等以外の所得金額が20万円以下である 要件をすべて満たす必要

記事を見る

catch-img

知ってると便利!Windows10での便利技!

[Windows]キー+[L]キーでロック画面を表示 「windows」キー  +  「Shift」キー  + 「S」キーでスクリーンショットを範囲指定して実行する 「Ctrl」キー  +  マウスホイールもしくは 「+」「-」キー画面の表示倍率を変更

記事を見る


務ソフト導入で お悩みなら、 お気軽にお問い合わせください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
業務ソフトに関するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。