ブログ


改正電子帳簿保存法 猶予2年間でできる最小限の対策方法

ご存じの通り、令和3年度の税制改正において「電子帳簿保存法」の改正が行われ、企業側も2022年1月から、この改正内容に対応せざるを得ない状況となりました。 すでに対策済みの企業も多いかとは思いますが、2年の猶予期間が設けられたことにより、その対応を見送りしている企業も少なくないかと。 そこで今回の改正内容とその対策を方法について整理しましたので、皆様のご参考にして頂ければ幸いです。

記事を見る

DXを推進する上での課題ってなに?

近い将来、日本の多くの企業では、「2025年の崖」と呼ばれる問題が生じると警告されています。 なぜDXを推進すべきか、必要性は感じていてもまだ実施に至っていない企業様や、 実施しても成果を出せない企業様が多いという現状があります。 今回はDXを進める上で課題となりうる要素を簡単にご紹介させていただきます。

記事を見る




令和3年 年末調整手続き 改正のポイント

今年も年末調整手続きための、年末調整関連申告書を従業員へ配布・回収する時期が近づいてきました。 昨年から続くコロナ対策等で多忙を極めている、総務・経理担当者にとって、何かの記入箇所が多い、年末調整関連申告書類の配布・回収は、多くの手間と時間を取られるため、頭を悩ます事務処理となっています。 昨年の大幅な改正に続き、今年も若干ですが、年末調整の内容が変更になっています。 それではその改正のポイントをご覧ください。

記事を見る

すでに始まっています『電子申請の義務化』(社会保険手続き編)

、近い将来、電子申請の対象範囲が中小企業へと拡大されることが予想されるため、いつ義務化の対象になっても良い様に、今のうちから電子申請を行える準備をしておくことが求められるかと思います。 それでは社会保険の手続きを電子申請へ切り替えるためには、どの様な準備が必要か確認してみましょう。

記事を見る

kintone(キントーン)の基本機能

キントーンのアプリは、ソフトウェアであり、データベースでもあります。 この概念は、他の言語やツールを使って開発した経験のある人には、分かりにくいかもしれません。 一般的にデータベースとは、システムで使うデータを格納しておく場所で、ソフトウェアはデータベースのデータを呼び出して集計したり、印刷したりする機能を持つものだからです。 ​​​​​​​ キントーンでは、アプリとしてデータベースをいくつも登録することでシステムを作成していきます。

記事を見る

国税庁適格請求書発行事業者公表サイトでの確認

令和3年10月1日から開始される適格請求書発行事業者の登録申請にあわせて、 登録された適格請求書発行事業者の情報が確認できる適格請求書発行事業者公表サイトが開設されます。 公表サイトでは請求書等の登録番号の確認を行うことで、有効な登録番号かどうかを確認することができます。

記事を見る

務ソフト導入で
お悩みなら、
お気軽にお問い合わせください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
業務ソフトに関するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧