catch-img

クラウド化するメリットって何?~「業務」と「業務」がつながる事で業務の効率化の実現~

以前のブログではクラウドのメリットである「バリューアップ」の「人」と「人」がつながるという事についてご説明をいたしました。

今回は「業務」と「業務」がつながるという事についてご説明をいたします。

  クラウド化するメリットって何?~「人」と「人」がつながる事で生産性を向上~ 「遠隔拠点や他店舗の人」とつながる。「さまざまな専門家」とつながる。働き方改革に対応する為には、『生産性の向上』と『業務の効率化』が必要。 株式会社ナイスシステム


「業務」と「業務」がつながる

「API」で、さまざまなアプリやデータとスムーズかつ快適にデータのやり取りを行う事が可能になります。

以前のブログでもご説明をしましたが、「API」とは

Application

Programming

Interface

アプリケーション・プログラミング・インターフェイスの頭文字です。

簡単に言いますと「ソフトウェア同士をつなぐもの」です。

つまり、異なるソフトウェアやサービス間でデータの共有や解析等を行う事ができ

「業務」と「業務」がつながります




「業務」と「業務」がつながるメリット

最大のメリットは、二重入力の手間がなくなり、入力ミスや入力漏れ等の削減につながる事です。


一例として、下記のような連携を行う事ができます。

●就業管理ソフトと給与ソフトを連携

 ⇒ 就業管理ソフトの勤怠データを、給与ソフトへ反映


●精算ソフトと会計ソフトを連携

 ⇒ 精算ソフトの経費精算データを、会計ソフトへ反映


●仕入販売管理ソフトと会計ソフトを連携

 ⇒ 仕入販売管理ソフトの売上・入金仕訳データや仕入・仕入仕訳データを、会計ソフトへ反映


●金融機関システムと会計ソフトを連携

 ⇒ 金融機関から受信した入出金明細データを、会計ソフトへ反映


●ECサイト(オンラインショップ)と仕入販売管理ソフトを連携

 ⇒ ECサイトから届いた注文データを、仕入販売管理ソフトへ反映。

   (売上データや在庫データへ反映)


上記の例の場合、API連携を行うことにより、

別のデータの入力内容を紙や画面に出力し、それを見ながら別システムに入力

汎用データ(csvデータ)を出力し、他のシステムへ汎用データを取り込む

というデータの二重入力の手間をなくしています

また、直接データを取り込む為、入力時の入力間違いも発生しなくなります


このように、APIを活用することにより、業務の効率化を図るだけでなく、業務の正確性も向上させることができます


API連携できるソフトに関しましては、お使いのソフトにより異なりますので、業務の効率化をお考えの場合は、ぜひ当社までご相談ください。

▼あわせて読みたい

株式会社ナイスシステムのサポートと支援内容の特徴


当社では、ソフトウェアメーカー認定のインストラクターが、30社以上の業務ソフトを取扱い、サポート致します。マルチベンダーとして中四国(四国四県・広島・岡山)を中心に活動させていただき、それ以外のエリアではオンラインでもご対応致します。
ご興味のある方はぜひ、無料でダウンロードできる資料をご覧ください。

ナイスシステムサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら