catch-img

Windows 11 2021年10月5日発売!対応PC診断ツールで事前確認を!


以前のブログ「Windows11の特徴と対応PCの調べ方」でWindows11にアップグレードするための必要スペックの確認方法をご紹介しました。

  Windows11の特徴と対応PCの調べ方 | 株式会社ナイスシステム 2021年、Windows11が登場することが発表されました。 Windows8から10へも大きく変わり、Windows10の環境が整ったから大丈夫と考えていたところも多いのではないでしょうか。 Windows11発表に伴い、Windows11になると何が変わるのか、今のPCでもWindows11は使えるのかについて確認していきます。 株式会社ナイスシステム


このブログでは必要スペックを自分で確認するための手順をご紹介しましたが現在、Microsoft社からWindows11にアップグレード可能か診断可能なツール「PC正常性チェック(PC Health Check)」が公開されおりより簡単に調べれるようになっています。

今回のブログではツールのダウンロード方法からすぐにアップグレードすることの危険性をご紹介します。


ツールダウンロード手順

「PC正常性チェック」はWindows11の公式ページにて無料でダウンロードすることが可能となっています。

Windows11公式ホームページの「PC正常性チェックアプリのダウンロード」をクリックします。

②「WindowsPCHealthCheckSetup.msi」というファイルがダウンロードされますのでこちらをダブルクリックなどで実行します。

③「使用許諾契約書に同意します」にチェックを入れ「インストール」をクリックします。

④「Windows PC 正常性チェックを開く」に☑を入れて「完了」をクリックします。

⑤ツールが起動するので「今すぐチェック」をクリックします。

⑥結果が表示されます。

 


5分程度で診断できますので一度試してみてはいかがでしょうか。


すぐにアップグレードは危険

リリース日が10月5日決定しWindows10からの無料アップグレードも同日から開始されます。

無料でアップグレードできるからとすぐにアップグレードするのはとても危険です。例えば皆様が使用している業務ソフトには必ずといっていいほど対応OSが公表されています。
現在、業務ソフトメーカーからは具体的なWindows11への対応情報などが出ていません。Windows11への対応がされていない状態でアップグレードしてしまうとソフトが起動しなくなったり正常に動作しなくなったりする可能性が非常に高くなります。

アップグレードされる際には現在使用している業務ソフトがWindows11に対応しているか確認をしてからWindows11へアップグレードすることをお勧めします。

さいごに

すぐにWindows11へアップグレードすることは危険とご説明しましたが無料期間もずっと続く可能性はかなり低いと予想されます。Windows10が2015年7月29年にリリースされましたがこの時はWindows7、Windows8.1向けに1年間の無料アップグレードが実施されていました。

無料でWindows11へのアップグレードを予定されている場合は使用中のソフト、無料期間に注意する必要がありそうです。

Windows11にアップグレードしていいのか不安があるようでしたら是非、弊社にご相談ください。

  業務ソフトで給与・会計・販売管理のお悩みを解決|ナイスシステム ナイスシステムは、中国・四国地方の企業様を対象にした業務ソフトの導入代行サービスを提供しています。財務会計・給与計算・販売・勤怠・原価・顧客管理など、種類の多い業務ソフトのなかから貴社の課題に適した業務ソフトを選定してご提案。総務・経理業務の効率化はお任せください。 株式会社ナイスシステム