catch-img

入社手続きの書類作成を電子化

新卒採用の入社が集中する4月には、入社手続きの書類作成
多大な労力がかかっていることと思います。
書類作成に必要な情報を採用予定者に確認を行ったり、
複数の届出書を作成したりといった作業を
奉行Edge 労務管理電子化クラウドを用いれば時間を大幅に削減できます。

奉行Edge 労務管理電子化クラウド™で行う入社手続き例

人事担当者は採用予定者に向けて、個人用のWEBページを発行します。
採用予定者は自らスマホやPCにてWEBページから書類に入力を行い、
そのままオンラインで人事担当者に提出いたします。
提出いただく様式は自社で必要な項目を追加いただいたりすることも可能です。

オンラインで提出いただいた情報、書類を人事担当者はすぐに確認することができ、
内容に修正が必要な際には、差し戻しの他、直接修正を行うこともできます。
また、確認作業に複数責任者の承認が必要である場合等では
ワークフローにて承認ルートを作成してクラウド上で回覧することも可能です。

奉行Edge 労務管理電子化クラウド™はe-Govと連携しており、
確認後はそのまま電子申請まで行うことができます。

奉行Edge 労務管理電子化クラウド™で行えること

入社手続き以外にも様々な労務管理の場面、
ライフイベントに応じた情報収集で労務管理電子化クラウドを活用することができます。
・氏名変更、住所変更手続き
・扶養親族の異動手続き
・産休・育休手続き
・退職手続き
・その他従業員からの情報収集
・電子申請

そのほか、オンライン上での雇用契約等も行うことができ、
同意の取得やタイムスタンプ等、電子帳簿保存法に対応した取扱いを行うことができます。

クラウドサービスを活用することのメリット

クラウドサービスを活用することで、採用予定者や従業員との
情報のやり取りがスムーズになることのほか、
書類作成や押印をすることによる出社もなく在宅勤務でも作業できます。

また、クラウドサービスであれば、
サーバー等を構築する必要もなく、スタートをしやすいというメリットもあります。

通信は暗号化され、サーバーの運用監視も行われているため、
セキュリティ面も万全ということがいえます。

総務人事奉行®クラウドとの連携

人事管理に総務人事奉行®クラウドをご利用いただいている場合、
奉行Edge 労務管理電子化クラウド™と連携を行うことで、
ペーパーレスで収集した情報を社員情報に自動的に更新することができます。


新卒採用の事務作業を行って頂く際には、ぜひ奉行Edge 労務管理電子化クラウド™をご活用ください!



「奉行Edge 労務管理電子化クラウド」、「総務人事奉行クラウド」は、株式会社オービックビジネスコンサルタントの登録商標または商標です。