catch-img

給与明細書もペーパーレスに!

「毎月の給与明細作成に時間がかかる」、「封入や発送が大変」といったことはないでしょうか。
ペーパーレス化が進む今、給与明細書も電子化することができます!

今回は「奉行Edge 給与明細電子化クラウド™」の特徴について紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.1.時間と費用を削減できる
  2. 2.2.従業員の働き方に合わせて配信できる
  3. 3.3.安心のセキュリティで配信できる
  4. 4.最後に


1.時間と費用を削減できる


印刷、仕分け、封入、発送といった業務が全て無くなります。
用紙代、インク代、発送代、さらに人件費も削減することができます。

さらに、奉行Edge 給与明細電子化クラウド™では給与明細書、賞与明細書、源泉徴収票の配信が可能です。



2.従業員の働き方に合わせて配信できる

Web上で明細書を確認できるWeb照会、メールにPDFファイルを添付して配信するメール配信、テキストでのメール配信が可能です。
パソコン、スマートフォン、タブレット、ガラケーで確認ができますので、会社や自宅など場所を問わず確認できます。
もちろん支給日に休んでいても、端末さえあれば確認できます。

奉行Edge 給与明細電子化クラウド™では、給与明細書以外のファイルも配信できます。
全従業員に一斉配信、従業員ごとにファイルを配信することもできます。

さらにWebで照会できる日時、メール配信日時を指定できるため配信を忘れることがありません。
正社員やパート社員で支給日が異なる(給与体系が異なる)場合も、それぞれに対して支給日の○日前という設定が可能です。
休日と重なった場合に前の日にするか、後の日にするかという設定もできますので、決まった日時に確実に配信することができます。



3.安心のセキュリティで配信できる


Web照会の場合、通信データは暗号化されたうえで給与明細を確認する際にIDとパスワードを求められます。
メール配信の場合、PDFファイルに対してパスワードを設定できます。

データとして配信されるため、紛失の心配もありません。
さらに過去3年間は遡って閲覧ができます。
再発行にも対応していますので、データを印刷したい方は印刷も可能です。


最後に

クラウドのため、サーバーは必要ありません。
プログラムも自動更新されるため、費用をかけず最新版を利用することができます。
自動バックアップもされるため、手動でのバックアップも不要です。

奉行Edge 給与明細電子化クラウド™は給与奉行クラウド™、給与奉行®と連携が可能です。
給与奉行をお使いの方、給与ソフトの導入を考えている方はぜひご検討ください!


「奉行Edge 給与明細電子化クラウド」、「給与奉行クラウド」、「給与奉行」は、株式会社オービックビジネスコンサルタントの登録商標または商標です。

▼あわせて読みたい

クラウドって、なに? クラウドの概要 と メリット・デメリット


当社では、ソフトウェアメーカー認定のインストラクターが、30社以上の業務ソフトを取扱い、サポート致します。マルチベンダーとして中四国(四国四県・広島・岡山)を中心に活動させていただき、それ以外のエリアではオンラインでもご対応致します。
ご興味のある方はぜひ、無料でダウンロードできる資料をご覧ください。

ナイスシステムサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら​​​​​​​