catch-img

請求書の作成・印刷・開封オールゼロ!経理のテレワークを実現!

請求書の発行だけでなく受取も完全データ化。請求業務完全ペーパーレス!

請求書データ化の仕組みを導入することにより、事務の手間を大幅に低減できます。

請求書は、発行や受け取った際に、いろいろな処理が発生し、お金が絡む部分のため、非常に慎重に処理を行わなければなりません。

例えば、請求書の発行業務、受け取り業務について、請求書業務をデータ化することにより、

次のようなメリットがあります。

これを機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか?

■請求書発行業務

・請求書の作成、印刷、封入ゼロ!

 ※電子請求書だから、発行にかかっていた郵送費などの経費は「0円」に!

・取引先の請求書確認状況が常に可能。

 ※支払日が近づくと支払いについてのお知らせメールが自動で送信されるので、回収リスクも減   

  らせます。

・入金管理まで一元化

 ※自動で消込作業が完了するため、速く・正確なデータ照合が可能です。督促も簡単で入金漏 

  れ・連絡漏れを防ぐことができます

■請求書受取業務

 ・仕訳入力作業が大幅削減

 ・大量の支払通知書の一括送信が可能

  ※紙の支払通知書発送作業にかかる時間・手間と郵送にかかるコストを削減。


請求書のデータ化により、特に会計・販売管理システムとの連携により、事務作業の低減が可能になります!!

01大量の請求書を一括&即時発行
大量の電子請求書を自動で作成・発行できます。作業時間を約90%短縮、紙代・郵送費などのコストを約67%削減。金額間違いや不達など人的ミスもなくなります。

 
02受取請求書も電子データ保存
相手方から受け取る請求書もデータで受領。電子帳簿保存法に対応しているので電子保管でき、検索効率の向上や原本の紛失リスクを回避できます。

 
03会計・販売管理システムと連携
貴社の会計システムや販売管理システムと連携し、データを取り込んで一括処理が可能。既存の業務システムを大きく変えることなく導入できます。



PCAクラウド、OBCクラウドと標準連動します。



例えば、BtoBプラットフォーム 請求書で受け取った電子請求データを自動仕訳し、
PCA会計DXクラウドにインポートすることができます

 
04経理のテレワークを実現
インターネット環境さえあれば、どこからでも確認可能。従来の紙や承認のハンコリレーがすべてWeb上で完結するため、経理のテレワーク環境を構築できます。


<<今回ご紹介したソリューション>>

ソリューション名:BtoBプラットフォーム請求書

メーカー名:株式会社インフォマート

概要:請求書の印刷・郵送などの発行業務はもちろん、受け取った請求書の開封、仕訳入力といった手作業をなくすことで、大幅な業務効率化を実現できます。

今回はご紹介していませんが、その他にも、「見積書」「規格書」「契約書」など、様々な業務のデジタル化を実現するソリューションを展開されています。