catch-img

IT導入補助金2022 IT導入支援事業者を選ぶポイント

この度、弊社ナイスシステムが「IT導入補助金2022」における「IT導入支援事業者」として審査の結果、採択されたことをお知らせいたします。
​​​​​​​IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者のみなさまがITツール導入に活用いただける補助金ですが、補助金の交付申請を行う事前準備として、まずは自社の業種や事業規模、経営課題に沿って、IT導入支援事業者を選定も必要になります。
今回のブログでは、IT導入支援事業者を選定するときのポイントをご紹介致します。インボイス対応や業務のデジタル化を検討いただいている場合は、是非補助金の活用も視野に入れた検討をいただければと思います。

目次[非表示]

  1. 1.IT導入補助金概要
    1. 1.1.導入ソフトでみる2つの類型判別チャート
    2. 1.2.採択されるには?
      1. 1.2.1.通常枠の審査項目
      2. 1.2.2.デジタル化基盤導入類型の審査項目
  2. 2.IT導入支援事業者を選ぶポイント
    1. 2.1.IT導入支援事業者とは
    2. 2.2.IT導入支援事業者を選ぶポイント
  3. 3.まとめ


IT導入補助金概要

導入ソフトでみる2つの類型判別チャート

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者のみなさまがITツール導入に活用いただける補助金です。今年度は、これまでの通常枠(A・B類型)に加え、デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数社連携IT導入類型)が追加されています。
ITツールからみた類型判別チャートはこちらになります。


参照:IT導入補助金2022デジタル化基盤導入枠公募要領


会計ソフトや受発注ソフトなど、インボイス制度への対応を見据えたものがあり、企業間取引のデジタル 化を強力に推進するため、「通常枠(A 類型・B 類型)」よりも補助率が引き上げられました。(インボイスって何?という方はこちら「インボイス解説シリーズ第1回(全8回)」


▶あわせて読みたい
 IT導入補助金のデジタル化枠の補助率、補助上限額については、以前こちらの記事で記載致しました。

  IT導入補助金2022概要が公開!追加されたデジタル化基盤導入枠を解説します 例年実施されていましたサービス等生産性向上 IT 導入支援事業(IT 導入補助金)が 2022年も実施されることになり、中小企業庁より概要が公開されています。 今回のIT導入補助金は、これまでの通常枠(A・B類型)に加え、デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数社連携IT導入類型)も追加されましたので概要をご紹介します。 インボイス対応や業務のデジタル化を検討いただいている場合は、 是非補助金の活用も視野に入れた検討をいただければと思います。 株式会社ナイスシステム


採択されるには?

実際に補助金をもらうためには、申請内容の審査に通る必要があります。

通常枠の審査項目

  • 自社の経営課題を理解し、経営改善に向けた具体的な問題意識を持っているか
  • 自社の状況や課題分析及び将来計画に対し、改善すべきプロセスが、導入する「ITツール」の機能で期待される導入効果とマッチしているか
  • 内部プロセスの高度化、効率化及びデータ連携による社内横断的なデータ共有・分析等を取り入れ、継続的な生産性向上と事業の成長に取り組んでいるか
  • 労働生産性の向上率
  • 生産性の向上・働き方改革を視野に入れ、国の推進する関連事業に取り組んでいるか
  • 国が推進する「クラウド導入」に取り組んでいるか
  • 国の推進するセキュリティサービスを選定しているか
  • インボイス制度の導入に取り組んでいるか など


デジタル化基盤導入類型の審査項目

  • 自社がインボイスにも対応するための、生産性向上にもつなが る効果的なツールが導入されているか
  • 自社の経営課題を理解し、経営改善に向けた具体的な問題意識 を持っているか
  • 生産性の向上及び働き方改革を視野に入れ、国の推進する関連事 業に取り組んでいるか
  • 国の推進するセキュリティサービスを選定しているか など


これらを加味し申請をする必要があります。さらに、補助金の交付申請を行う事前準備として、まずは自社の業種や事業規模、経営課題に沿って、IT導入支援事業者を選定も必要です。


IT導入支援事業者を選ぶポイント

IT導入支援事業者とは

通常枠及びデジタル化基盤導入類型において、補助事業を申請者とともに実施するうえでの共同事業者(=パートナー)を「IT導入支援事業者」と呼びます。

IT導入支援事業者の役割は、申請者に対し、適切なITツールの提案・導入・アフターサポートの提供を行い、導入されるITツールにより申請者にとって生産性の向上効果を最大限引き出すことを支援していきます。

(関係イメージ図)

また、IT導入支援事業者は実績報告も含め売上など自社の財務数値もIT導入支援事業者と共有することになります。そのため、IT導入支援事業者を選ぶときは、さまざまな観点から注意を払う必要があります。


IT導入支援事業者を選ぶポイント

1、使いたいITツールを扱っているか?

IT導入補助金の対象になるのは「IT導入支援事業者が事前に登録したITツールのみ」です。IT導入支援事業者登録をしている企業でも、取り扱っているITツールは様々です。

IT導入補助金2022のサイトにて、事務局より採択を受けている「IT導入支援事業者及びITツール」を検索することが可能です。

IT導入支援事業者・ITツール検索はこちら

  IT導入補助金 令和3年度補正予算「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」のポータルサイトです。本事業は、ITツールを導入しようとする事業者に対して、ITツール導入費用の一部を補助する制度です。 サービス等生産性向上IT導入支援事業


2、IT導入補助金の採択実績があるか?

補助事業がうけとる補助金は審査制です。申請要件を満たしていても審査に通過しなければ受け取ることができません。採択実績がある会社なら審査を通過する書き方やコツを知っているので採択される可能性が高いです。


まとめ

IT導入補助金は、採択後のITツール導入時のサポートがもっとも大切です。当社ではITツールの選定から初期設定、導入・運用サポートまでトータルでご支援致します。ご利用を検討されるお客様は、お気軽にご相談ください。


▼あわせて読みたい
IT導入補助金2022のスケジュールが公表されています



当社では、メーカー認定のインストラクターが、30社以上の業務ソフトを取扱い、サポート致します。マルチベンダーとして中四国(四国四県・広島・岡山)を中心に活動させていただき、それ以外のエリアではオンラインでもご対応致します。
なお、当社は、IT導入補助金2022のIT導入支援事業者の認定を受けております。IT導入補助金の活用をお考えのお客様には、手続き方法等のお手伝いをさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

ご興味のある方はぜひ、無料でダウンロードできる資料をご覧ください。

ナイスシステムサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら